コピーライティングガイドブック

コピーライティングのテクニックや文章の書き方をマスターしたい方のための情報サイト

コピーライティング

コピーライティングのテクニックだけでは稼げない!?読者の感情を動かし行動させる方法とは?

投稿日:2018/08/24 更新日:

あなたは、

「タイトルに”危険”と入れると反応が良くなる!」

「希少性を出すとあなたの商品を買いたくなります!」

などを、どのような読者か関係なく、どこかで見聞きしたテクニックだけで、読者に行動してもらおうとしていませんか?

 

そんな上っ面のテクニックだけでは、読者は中々行動に移してくれません。

 

今回の記事では、コピーライティングのテクニックだけに頼らなくてすむように、読者の感情を動かし行動させる方法についてお話します。

 

ぜひ最後まで読んで、実践してみてください。

 

コピーライティングのテクニックだけで人は動かない

コピーライティングのテクニックだけを使って書いた文章では人は動きません。

 

なぜなら、人は自分の気持ちを理解してほしいと思っているから。

もっというと、基本的に人は自分自身にしか興味がないのです。

 

あなたが人の感情を無視した文章を書いていると、「この人は私の事を全然わかってくれていない!」と読者に思われ、あなたのブログの読者はいなくなります。

 

たとえば、カラオケが上達したくて週3回カラオケに通っているけれど、全然上達できない人に対して、

「あなたが上達できないのは練習不足だからです。

もう少し練習時間を増やしましょう。」

と伝えると、「こんなに練習しているのに、どうしてそんなこと言われなくちゃいけないの?」となります。

 

ですが、週3回カラオケに通って上達できていない人なら、上達できなくて「つらい」「悲しい」などのマイナスの感情を持ちはじめていると想像できるはずです。

 

そうであれば、

「それだけ頑張って練習してきたのに上達できないのはつらいですよね。

僕も中々上達できず、そのつらさを経験したことがあります。

人それぞれ練習すべきことが違うので、どうしたら上達できるのか一緒に考えていきましょう。」

と伝えたほうが、「自分の事を理解してもらえている」と読者に思ってもらえます。

 

つまり、「自分の事を理解してもらえてる」と読者に思ってもらう事が出来れば、テクニックに頼らずとも、読者は行動に移したくなるのです。

 

ただし、テクニックを使うこと自体を否定しているわけではありません。

人の気持ちを理解して、その気持ちに合わせてテクニックを使ってください。

 

人の気持ちを理解する4つの具体的な方法

人の気持ちを理解するためには、自分が感情に敏感でなければなりません。

 

人の感情に敏感になるためにも、日常的に意識できる4つの具体的な方法をお伝えしていきます。

  • 作品(映画、ドラマ、本)の登場人物に感情移入する
  • 日常の風景から想像力で感情を見つける
  • 五感を意識する
  • 自分の感情を紙に書き出してみる

この4つを日常的に意識してみて下さい。

 

1.作品(映画や本)の登場人物に感情移入する

映画や本などの登場人物に感情移入することで、人の感情を理解しやすくなります。

 

なぜなら、感情の疑似体験をすることができるからです。

 

たとえば、人生で一度も失敗を経験したことがない人がいたとします。

そのような人でも、感情移入しながら映画の主人公が大きな失敗をしているシーンを見ていると、失敗した時の気持ちをある程度理解できます。

 

映画をみたり、本を読んだりする時は、登場人物に感情移入してみて下さい。

作品の楽しみ方の幅も広がります。

 

2.日常の風景から想像力で感情を見つける

日常の風景から感情を探すことも役に立ちます。

 

たとえば、汗だくになるほどの暑さではない日なのに、汗だくになりながら待ち合わせに5分遅れで到着したあなたの友人を想像してみましょう。

 

あなたの友人は寝坊して、待ち合わせ時間の10分前に起き、バタバタと準備をし、食べる予定だったごはんも食べずに出てきたのかもしれません。

この時は「申し訳ない」と思っていそうですね。

 

他にも、待ち合わせして映画を見に行く予定だったのに、寝坊したせいで、上映時間をすぎてしまうかもしれないという「焦り」かもしれません。

 

あくまで想像ですが、日常の風景や出来事から感情を想像することも有効です。

 

3.五感を意識する

普段の生活で五感に意識を向けてみて下さい。

 

というのも、五感の延長線で感情が見えてくることがあるからです。

 

たとえば、雲一つなくて(視覚)湿気が少なく、全然ベタつかない(触覚)晴れた日、というように五感を意識してみたとします。

 

そうすると、べたつかない日だと少し涼しく感じるから「嬉しい」という人がいます。

 

しかし、その逆で、湿気でべたつく日のほうが風呂で汗を流すのが気持ちいい。

だから、湿気が少なくて「悲しい」と思う人がいるかもしれません。

 

このように、五感を意識していると、その先の感情までみえてきます。

 

五感に関しては、この記事でも詳しくお話しています。

【超実践的!】今の文章に”ひと工夫”-伝わる文章に変える驚くほどシンプルな方法-

 

4.自分の感情を紙に書きだす

自分の感情を書き出すこともいい方法です。

 

なぜなら、人がどんな時にどんな感情を抱きやすいのか、という傾向がわかるから。

※あくまで傾向です。

 

たとえば、自分が、

  • つらい時、どう言われたら気持ちが救われるのか
  • 悲しい思いをした時は、どうやって慰めてほしいのか
  • 楽しかった時、どう共感してほしいのか

ということを書きだしてみて下さい。

 

書き出してみると、どのような時にどのような感情が出てくるのかがわかり、読者の感情を掘り下げることも上手になります。

 

まとめ

今回は、読者の感情を動かし行動させる方法についてお話ししてきました。

 

  • 作品(映画、ドラマ、本)の登場人物に感情移入する
  • 日常の風景から想像力で感情を見つける
  • 五感を意識する
  • 自分の感情を紙に書き出してみる

この4つは特に難しいことでもないので、日常的に意識してみて下さい。

 

【注目!】あまり時間がとれないけど文章で稼げるようになりたいなら…

コピーライティングを身に付けて
文章で稼げるようになりたいけど、

勉強する時間があまりとれない…。


そんなあなたのために
1日5分でコツコツ学べるコピーライティング講座を
ご用意いたしました。

・コピーライティングは何から学べばいいのかわからない
・文章を書くのが苦手
・あまり時間がとれないけど
コピーライティングを身に付けたい

と思っているのであれば、ぜひご参加ください。

昼間に家でゴロゴロしている1時間 が、
今まで汗水たらしながら働いてた1時間よりも
稼げるようになったら嬉しくないですか?


無料のメルマガ講座なので、
もちろんお金はかかりません。

登録お待ちしています^^


登録はコチラから↓↓
1日5分でコツコツ学べるコピーライティング講座

-コピーライティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【これで解決!】「ブログのネタがない…。」と無縁になれるネタ探しの4つの方法

最近ブログを始めてみたけどもうネタがない・・・ ブログを書く気はあるのにネタがなくてはかどらない・・・このようにお困りではないですか?ブログを書きたい気持ちはあるからパソコンの前に座るのに、ネタを考え …

【徹底解説!!】バンドワゴン効果の意味とライティングでの活かし方

「商品が全然売れないぃぃぃ」 「いくら文章を書いても収益につながらないよぉぉぉ」 なんて嘆いていませんか?   今回は、あなたも普段の生活の中で一度は影響されたことのある、「周りと同じがいい」という心 …

即実行!コピーライティング初心者でもできる”伝わりやすい文章を書くための型”とは?

コピーライティング初心者なら誰でも経験するであろう、記事を書く時の悩み… 「うまく文章がまとまらない」 「最後まで書ききったけど内容がブレてる」 「これから文章で稼いでいけるのか不安…」 あなたはこん …

反応率を上げるにはキャッチコピーが大事!読者の目を惹くキャッチコピーにする5つのコツ

  記事の反応率をあげるためにはキャッチコピーが必須!!   あなたが書いた記事を、読者が読み進めるのかどうかはタイトルや冒頭の数行で判断しています。   つまり、あなたがいくら納得のいく文章を書けて …

ターゲットを設定して読者の心に【どストライク】な情報を届けよ!!

  あなたはこんなことにお悩みではないですか? 「ブログを書き始めて半年以上たつのに集客できてない」 「収益が上がる気がしない」 「メルマガの登録者が増えない」   それ、あなたの本当に来て欲しい人た …

コピーライティング講座

 

プロフィール

やすこうち

1991年生まれ千葉県出身。

『心躍る毎日』を送るためにコピーライティングを学び、自分と同じように毎日わらって暮らしたいと願っている人のサポートをするために情報を発信している。

自分が関われる範囲の人の笑顔を増やしていくことも目標のひとつ。

趣味は、フットサル・からおけ・読書

今一番好きなマンガ「この音とまれ!」