コピーライティングで人生変わる!

稼げなくて困っているあなたに贈るコピーライティングの基礎が学べるサイト

ライフハック

他人と比較して落ち込まないようにする3つのコツ

投稿日:2018年7月4日 更新日:

どうせ自分なんて…。

あなたは、他人と自分を比較して落ち込んでしまっていませんか?

基本的に、比較対象の相手と自分の差が大きければ大きいほど落ち込んでしまいますよね。

 

そんな、人と比べて「どうせ自分なんて…」と思ってしまうあなたのために、今回の記事では、他人と比較して落ち込まないようにする3つのコツを紹介していきます。

 

この記事を読んでいただければ、

「なんで自分はこんなに何もできないんだろう…」

「こんなに頑張っているのにどうして何も達成できないのだろう…」

「どうせ自分なんて…」

と他人と比較して落ち込む頻度が少なくなります。

 

他人と比較しても落ち込まないコツを知って、落ち込んでしまう日を1日でも減らしていきましょう。

 

他人と比較したくなるのはしかたない

まず始めに言っておくと、他人と比較してしまうのは仕方のないことです。

 

人には8つの基本的な欲求があると言われていますが、この欲求の中に「他人に勝り、世の中に後れを取りたくない」という欲求が含まれているため、人はどうしても他人と比べたくなってしまいます。

※「8つの基本的な欲求」を紹介した記事はこちら

 

僕も、昔は毎日のように他人と比べて落ち込んでいました。

僕は、「このまま大学に行ってても意味がない」と思って大学を中退しましたが、その頃は

『どうしてみんなちゃんと大学に通えているのに自分にはそれができないんだろう…』

『全然やる気がおきない…。みんなちゃんと働けているのになんで自分は働く気になれないんだ』

と、本気で悩んでいました。

 

それからは、「生活面のこと」「収入面のこと」「人間関係のこと」などのこともマイナスに考えるようになってしまい、落ち込みすぎて鬱になりました。

 

だから、他人と比較して落ち込んでしまう人の気持ちは痛いほどわかります。

 

他人と比較してしまうのは仕方がないですが、いつも比較して落ち込んでいてはしんどくなってしまいますし、僕みたいに鬱になってしまうかもしれません。

 

そうならないためにも、今回ご紹介するコツを試してみて下さい。

 

他人と比較して落ち込まない3つのコツ

他人と比較して落ち込まないようにするためには3つのコツがあります。

 

1.自分の成長(成果)を自分が認めて褒めてあげる

2.自分がすでに持っているものに目を向ける

3.他人は競争相手ではなく、自分の現状を把握するための目安

この3つのコツを知っていれば、他人と比較して落ち込むことが減ります。

 

1.自分の成長(成果)を自分が認めて褒めてあげる

自分で自分の成長(成果)を認めて褒めてあげることがかなり有効です。

 

なぜなら、他人と比較して落ち込んでしまう人は『完璧主義』の人が多く、自分に過剰に期待してしまうからです。

 

『完璧主義』だと、成長していたり成果がでていたとしても、

「他の人のほうができてる」

「自分は全然成長できてない」

と勘違いしてしまうので、自分の成長を認められず、「他の人と比べて成長できていない自分」に落ち込んでしまいます。

 

僕は劣等感から抜け出すために、少しの成長(成果)でも自分を褒めるようにしていました。

 

たとえば、僕は「二度寝しないようにする」と決めたことがありました。

 

二度寝をしないと決意した次の日。

ベッドからでてカーテンを開けるまでは予定通り…。

それなのに、気づいたらベッドに戻っていたことがありま

 

今までであれば「また二度寝しちゃった…。」「みんなは二度寝せずに起きれているはずなのに…。」「ほんとに何にもできない人間だ…。」と僕は思っていたはずです。

 

でもこの時は、「ベッドから出て、カーテンを開けることができた!すごい!成長した!(イェーイ)」みたいな感じでした(笑)

 

自分を認めて褒めてあげれれば、人と比べても「自分はこれだけできた」と思えるので落ち込まなくなります。

 

2.自分がすでにもっているものに目を向ける

自分にないものを探すよりも、自分がもっているもの(物理的でもそれ以外でも)に目を向けることもおススメです。

 

なぜなら、他人と比べて落ち込んでしまう時は、どうしてもできないこと(ないもの)ばかりに目がいってしまうからです。

 

たとえば、あなたは数学だけが苦手で、他の国語、英語、理科、社会はできるとします。

それに対して、友達の得意教科が数学だと、自分のできない数学に目がいってしまいます。

 

このように、自分のもっていないものばかりに目を向けると、落ち込んでしまうので、自分がもっているものに目を向けるようにしてください。

 

自分がすでにもっているものに目を向けていると、「自分がもっているものってこんなにあるんだ」と思えます。

すでにもっているものを確認してみると、あなたは意外と色々なものをもっているはず。

 

たとえば、他の人より

  • 快適な家
  • 料理の上手さ
  • 運動神経の良さ
  • 性格の良さ
  • 漫画をたくさん持っている

など、ほんとうに色々あると思いますので、試しに書きだしてみて下さい。

 

もしかしたら、新しい発見もあるかもしれませんよ。

自分がすでにもっているものに目を向けてみましょう。

 

3.他人は競争相手ではなく、自分の現状を把握するための目安

他人を競争相手と思うから、比較相手との差に落ち込んでしまうのです。

他人は、「自分の現状を把握するための目安」にしてしまいましょう。

そうすれば落ち込むこともなく、むしろできる人に素直に教えてもらうことができます。

 

たとえば、自分がブログを始めるより1年以上前に始めている人と比べても、しょうがないですよね。

自分のほうができないのは当たり前です。

なにせ始めたばかりですから。

 

ただ、自分が1年ブログを続ければ比較した人と同じくらいまではいける可能性があるということです。

※作業時間によるところも大きいのであくまで可能性。

 

人と比較するときは、自分の現状を把握するための目安にするだけにとどめておくことが大切になります。

 

まとめ

ここまで、「他人と比較して落ち込まないようにする3つのコツ」をお話してきましたがいかがだったでしょうか?

 

あらためてまとめておきますね。

1.自分の成長(成果)を自分が認めて褒めてあげる

2.自分がすでに持っているものに目を向ける

3.他人は競争相手ではなく、自分の現状を把握するための目安

 

今回ご紹介した3つのコツを意識していれば、他人と比較しても落ち込むことが極端に少なくなります。

 

他人と比較して自分の感情が左右されてしまうのは非常にもったいないので、そうならないようにぜひ意識してみて下さい。

 

-ライフハック

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

突き詰めると物事の本質がみえてくる!そのためにあなたがやるべきたった一つのこととは?

あなたは、今まで、 「物事を深く掘り下げて考えられない」 「本質がなんだかよくわからない」 のようなことに悩んだことはありませんか?   今回の記事では、本質を見つけるためにあなたがやるべき …

コピーライティング講座

 

コピーライティング講座

安河内のプロフィール

 

安河内のプロフィール

名前:安河内 哲(やすこうち さとし)

職業:ボディケアセラピスト兼コピーライター

ボディケアセラピストとして働きながら、セールスコピーライターとしても活動中。

コピーライティングを使いこなし、自分の「自由に生きたい!」という夢を叶えるとともに、
自分の関われる範囲の沢山の人達に、求めているものを届けることで喜んでもらい、
みんなの笑顔を少しでも増やすことも目標の1つ 。

趣味は、フットサル・読書・カラオケ

今一番好きな漫画「アオアシ」