コピーライティングで人生変わる!

稼げなくて困っているあなたに贈るコピーライティングの基礎が学べるサイト

コピーライティング

読点の使い方次第で読みやすい文章にできる!読点の使い方5つのルール

投稿日:2018年6月15日 更新日:

あなたは、読点『、』を「ここに使えばいっか!」のようになんとなくで使っていませんか?

読点をなんとなくで使っていると、読者はあなたの文章を読んでくれなくなります。

 

読者に最後まで読んでもらえる記事を書くために、今回は、読点の使い方と基本的なルールについてお伝えします。

 

最後まで読んで、読点の使い方を知り、読者に「この人の記事は読みやすい!」と思ってもらえる文章を書けるようになりましょう。

 

 

読点をなんとなくで使うと読みにくい文章になる

読点をなんとなくで使っていると、読みにくい文章ができあがります。

 

なぜなら、読点の使い方にはある程度のルールがあるからです。

(※ただし、厳密に「ここに読点を使わなければいけない」と決まっているわけではない。)

 

たとえば、

1.ナルトとサスケはライバルでサクラといのもライバルだ。

2.ナルトと、サスケは、ライバルで、サクラと、いのも、ライバルだ。

上の2つは、読点を全く使わない例と、文節ごとに読点を使っている例です。

多すぎても少なすぎても読みにくいですよね。

一方、

ナルトとサスケはライバルで、サクラといのもライバルだ。

この例のように、必要なところに読点を使うと、文章がスムーズに読めます。

 

なので、ある程度のルールを知っておくことで、読みやすい文章を書けるようになります。

 

読点の使い方5つのルール

読点を使う目的は「読みやすい文章にすること、誤読を防ぐこと」です。

目的を果たすために、読点の使い方にはルールがあります。

ルールをまもって読点を使うことで、読みやすい文章を書くことができます。

 

今回の記事で紹介する使い方のルールは下の5つです。

  1. 主語が長いとき
  2. 重文・複文を区切る
  3. 接続詞のあとに使う
  4. 漢字・カナが続くとき
  5. 読点の位置で解釈が変わってしまうとき

早速、説明していきます。

 

1.主語が長いとき

主語が長くなった時に、読点を使うことで「ここまでが主語ですよ」ということがわかりやすくなります。

 

主語が長くなっているのに読点を使わないでいると、非常に読みにくい文章になります。

 

たとえば、

1.里のみんなから嫌われていたナルトがみんなの気を惹くためにいたずらをした。

2.サスケのことを好きなサクラはサスケのために手料理を作った。

上の2つのように、読点がないままだと、どこまでが主語なのか非常にわかりにくいですよね。

1.里のみんなから嫌われていたナルトが、みんなの気を惹くためにいたずらをした。

2.サスケのことを好きなサクラは、サスケのために手料理を作った。

読点を使うことで、どこまでが主語なのか分かりやすくなりました。

 

主語が長くなった場合には、読点を使うようにしてください。

 

2.重文・複文を区切る

ひとつの文章の中に「主語+述語」のかたまりが複数あるものを、重文(または複文)といいます。

 

「主語+述語」で一つのかたまりなので、複数のかたまりをそのままつなぐと、とても読みにくい文章になります。

 

たとえば、

ナルトはサクラのことが好きだがサクラはサスケのことが好きだ。

区切らないままだと、読みにくいですね。

ナルトはサクラのことが好きだが、サクラはサスケのことが好きだ。

読点を1つ加えることで、読みやすく変わります。

 

重文になった場合は、途中で読点を付けたほうが読みやすいです。

 

3.接続詞のあとに使う

接続詞がある場合には、接続詞のあとに読点を使います。

接続詞とは、「だから」「しかし」「なぜなら」のように前と後ろの文章をつなげる働きをする。

接続詞の使い方はこちらの記事で詳しく説明しています。

 

たとえば、

ナルトはネジとの試合前に落ち込んでいた。

しかし、ヒナタの言葉で前向きになれた。

上の文章のように、接続詞『しかし』のあとに読点を使って区切ると読みやすいです。

 

絶対ではないですが、基本的に接続詞のあとは読点を使います。

 

4.漢字・カナが続くとき

漢字・ひらがな・カタカナが続くと読みにくくなるため、読点で区切ります。

 

たとえば、

1.勝つためには、ただただ修行を続けるしかなかった。

2.その瞬間、大蛇丸は両腕が使えなくなった。

上の文章のように、漢字やひらがなが続くところを読点で区切ります。

 

5.読点の位置で解釈が変わってしまうとき

読点の位置で解釈が変わってしまう時は、意味をしっかり確認して読点を使う必要があります。

 

たとえば、

ナルトは楽しそうに笑うサクラを見ていた。

1.ナルトは楽しそうに、笑うサクラを見ていた。

2.ナルトは、楽しそうに笑うサクラを見ていた。

1の文章だと楽しそうにしているのはナルトですが、2の文章だと楽しそうにしているのはサクラになります。

 

読点の位置によって解釈が変わりますので、文章を書く時は、誤解を与えないように読点を使ってください。

 

まとめ

今回は読点の使い方について説明してきました。

 

もう一度まとめておきます。

  1. 主語が長いとき
  2. 重文・複文を区切る
  3. 接続詞のあとに使う
  4. 漢字・カナが続くとき
  5. 読点の位置で解釈が変わってしまうとき

 

読点を使う目的は、「読みやすい文章にすること、誤読を防ぐこと」です。

 

読点を使い、読みやすい文章で役に立つ情報を書いていれば、あなたのブログのファンは増えます。

読みやすい記事を心がけて、ブログのファンを増やしていってください。

 

-コピーライティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【永久保存版!】人がもつ8つの欲求を刺激して読者の心を揺さぶる文章にする方法

  「どうしてもメリハリのない、無難な文章になってしまう」 「会心の出来だと思った文章なのに読者の反応が全然ない」 こんな悩みは今日でおしまい!     今回の記事では、 …

コピーライティングのテクニックだけでは稼げない!?読者の感情を動かし行動させる方法とは?

あなたは、 「タイトルに”危険”と入れると反応が良くなる!」 「希少性を出すとあなたの商品を買いたくなります!」 などを、どのような読者か関係なく、どこかで見聞きしたテクニックだけで、読者に行動しても …

文章力をつけるには”4つのポイント”に気を付けろ!

  もう半年くらいコピーライティングを頑張って勉強しているのに、イマイチ文章が上達している気がしない・・・ もしあなたがこう思っているのなら、コピーライティングのテクニックより、文章の基本か …

実用性抜群!『権威』を使ってあなたの文章の説得力を高める3つの方法

    「あなたは自分の書いた文章に説得力があると自信をもって言えますか?」   この質問に自信をもって「YES!」と言えるのであれば、この記事はあなたのお役に立てないの …

【接続詞の使い方講座】文章が今よりもっと良くなる!接続詞の正しい使い方

「接続詞がうまく使えない」 「文と文がうまくつなげられず、違和感のある文章になってしまう」 とお悩みではないですか? 接続詞は使い方を間違えると、途端におかしな文章になり、読者に読んでもらえなくなりま …

コピーライティング講座

 

コピーライティング講座

安河内のプロフィール

 

安河内のプロフィール

名前:安河内 哲(やすこうち さとし)

職業:ボディケアセラピスト兼コピーライター

ボディケアセラピストとして働きながら、セールスコピーライターとしても活動中。

コピーライティングを使いこなし、自分の「自由に生きたい!」という夢を叶えるとともに、
自分の関われる範囲の沢山の人達に、求めているものを届けることで喜んでもらい、
みんなの笑顔を少しでも増やすことも目標の1つ 。

趣味は、フットサル・読書・カラオケ

今一番好きな漫画「アオアシ」