コピーライティングで人生変わる!

稼げなくて困っているあなたに贈るコピーライティングの基礎が学べるサイト

コピーライティング

即実行!コピーライティング初心者でもできる”伝わりやすい文章を書くための型”とは?

投稿日:2018年5月11日 更新日:

コピーライティング初心者なら誰でも経験するであろう、記事を書く時の悩み…

「うまく文章がまとまらない」

「最後まで書ききったけど内容がブレてる」

「これから文章で稼いでいけるのか不安…」

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

 

この悩みを解決してくれる、伝わりやすい文章の型というのが「PREP(プレップ)法」です。

 

 

今回の記事では、コピーライティング初心者でも即実行できる文章の型、「PREP法」についてお話します。

 

 

この記事を読めば、読者に伝わりやすい文章が書けるようになり、文章だけで稼げるようになります。

 

「○○さんの記事わかりやすいですね!」

「更新楽しみにしています。」

なんて言葉をいただけたり、

「今日も、口座に現金が振り込まれた♪」

「預金残高がまた増えた!」

こんなムフフな生活を手に入れられます。

 

 

ぜひ最後まで読み、読者に伝わりやすい文章を書き、稼げるようになって、ムフフな生活を手に入れましょう。

 

読者は早く結論が知りたい

PREP法は主にビジネス文書などでよく使われます。

 

なぜなら、PREP法は結論を先に持ってくるため、時間がない相手でも簡潔に言いたいことを伝えることができるからです。

 

例えば、会社で上司に報告をしなければならない場面。

最後まで結論を話さずに、長々説明をしていたら途中で「で、結論は何なの?」と言われてしまいます。

上司も他の作業の時間がとられてしまうので早く結論を知りたいのです。

 

だから、結論を先に持ってくるPREP法がビジネスの場ではよく使われます。

 

ブログ記事を読む読者にも、興味がない記事を読んでいる時間はありません。

なので、PREP法を使って、結論を先にもってきてあげることで、読者は自分が興味のある記事だと思い、読んでもらえます。

 

PREP法の構成

PREP法は、

  • P(Point):文章の要点部分。結論
  • R(Reason):理由。その結論に至った経緯を説明。
  • E(Example):例え。
  • P(Point):結論を繰り返す。

この4つのパートに分かれていて、この順にあてはめていくことで、物事を伝えやすく、説得力を与えやすい文章にすることができます。

 

P(Point):文章の要点、結論を伝える

最初に、文章の要点や結論を伝えます。

 

最初に結論をもってくることで、「1番伝えたいことが何か」ということがわかりやすくなります。

 

例えば、「僕は旅行が好きです」や「僕は猫が好きです」のように自分が一番主張したいことを最初にもってきます。

 

結論を先にもってくることで、「僕は今からこういう話しをします」ということが伝わりやすくなります。

 

R(Reason):結論に至った理由を説明する

結論を伝えたら、その結論に至った理由を説明します。

 

理由を伝えてあげることで、なんでそう思っているのか、どうしてその結論に至ったのかということがわかります。

 

例えば「僕は旅行が好きです」という結論を伝えたとします。

「なぜなら、旅先でのんびり過ごす時間が好きだからです」

と、続けて説明をする事で、

 

なので、結論の後にその結論に至った理由を伝えることが重要です。

 

 

 

E(Example):例えを交える

理由を説明をした後に例えをいれて、さらに具体的に説明します。

 

なぜなら、例えを入れるとさらに説得力が増すからです。

 

「なぜなら、旅先でのんびり過ごす時間が好きだからです」に例えを付け足すと以下のようになります。

 

例えば、僕は旅行先で時間を気にせずに観光地を回ります。

普段の生活では、時間を気にして生活をしているため、旅先での時間を気にせずにのんびりと過ごす時間が尚更貴重に感じられます。

 

このように、例えを加えることで、最初の主張の説得力が増します。

 

P(Point):再度、結論を伝える

最後にもう一度結論を伝えます。

 

なぜなら、話の最後まで来ると、最初に話した結論の印象が薄くなってきているので、改めてこういう主張について話しを進めてきました。

と伝えます。

 

今回の例でいくと、最後に改めて「だから僕は旅行が好きです」と伝えます。

結論が最後にもう一度あることで、主張に対する説得力が出てきます。

 

なので、最後にもう一度結論をもってくることが必要です。

 

 

実践!PREP法のテンプレートに当てはめて文章を書いてみる

今回は例えとして、「漫画が好き」ということをPREP法に当てはめて説明していきます。

僕は漫画が大好きです。(P)

 

なぜなら、自分が今まで考えつかなかったことを知ることができるからです。(R)

 

例えば、僕は「ハイキュー」という漫画が好きなんですが、その漫画に出てくる言葉で『勝負事で本当に楽しむ為には強さが要る』という言葉があります。

 

僕は、このセリフを通して、「沢山努力をすることで、実力がついてくるからこそ本当の楽しさがわかる」ということを学びました。(E)

 

こういう風に、今まで自分が考えつかなかったことを、知ることができるから漫画が大好きです。(P)

このようにテンプレートに言葉を当てはめていくことで、簡単に説得力のある文章を書くことができます。

実際、この文章を書くのにかかった時間は5分ぐらいです。

 

テンプレートに当てはめるだけで簡単にできるので、あなたが記事を書く時にも活用してみてください。

 

まとめ

今回は、伝わりやすい文章を簡単に書ける型である「PREP法」についてお話してきました。

PREP法の構成はこの4つのパートです。

  • P(Point):文章の要点部分。結論
  • R(Reason):理由。その結論に至った経緯を説明。
  • E(Example):例え。
  • P(Point):結論を繰り返す。

 

PREP(プレップ)法を使うことで、簡潔にまとめられて、なおかつ説得力のある文章を書くことができます。

 

説得力のある文章を書けるようになると、読者の反応率が上がり、稼げるようになります。

 

ぜひ、PREP法使って記事を書いてみてください。

-コピーライティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【初心者必見!!】コピーライティングが効率的に上達する方法

あなたは、 「コピーライティングが効率的に上達する方法はないの?」   と、思っていませんか?     今回の記事では、どうやったら効率的にコピーライティングが上達するの …

コピーライティングのテクニックだけでは稼げない!?読者の感情を動かし行動させる方法とは?

あなたは、 「タイトルに”危険”と入れると反応が良くなる!」 「希少性を出すとあなたの商品を買いたくなります!」 などを、どのような読者か関係なく、どこかで見聞きしたテクニックだけで、読者に行動しても …

実用性抜群!『権威』を使ってあなたの文章の説得力を高める3つの方法

    「あなたは自分の書いた文章に説得力があると自信をもって言えますか?」   この質問に自信をもって「YES!」と言えるのであれば、この記事はあなたのお役に立てないの …

文章力をつけるには”4つのポイント”に気を付けろ!

  もう半年くらいコピーライティングを頑張って勉強しているのに、イマイチ文章が上達している気がしない・・・ もしあなたがこう思っているのなら、コピーライティングのテクニックより、文章の基本か …

【永久保存版!】人がもつ8つの欲求を刺激して読者の心を揺さぶる文章にする方法

  「どうしてもメリハリのない、無難な文章になってしまう」 「会心の出来だと思った文章なのに読者の反応が全然ない」 こんな悩みは今日でおしまい!     今回の記事では、 …

コピーライティング講座

 

コピーライティング講座

安河内のプロフィール

 

安河内のプロフィール

名前:安河内 哲(やすこうち さとし)

職業:ボディケアセラピスト兼コピーライター

ボディケアセラピストとして働きながら、セールスコピーライターとしても活動中。

コピーライティングを使いこなし、自分の「自由に生きたい!」という夢を叶えるとともに、
自分の関われる範囲の沢山の人達に、求めているものを届けることで喜んでもらい、
みんなの笑顔を少しでも増やすことも目標の1つ 。

趣味は、フットサル・読書・カラオケ

今一番好きな漫画「アオアシ」