コピーライティングで人生変わる!

稼げなくて困っているあなたに贈るコピーライティングの基礎が学べるサイト

コピーライティング

反応率を上げるにはキャッチコピーが大事!読者の目を惹くキャッチコピーにする5つのコツ

投稿日:2018年5月4日 更新日:

 

記事の反応率をあげるためにはキャッチコピーが必須!!

 

あなたが書いた記事を、読者が読み進めるのかどうかはタイトルや冒頭の数行で判断しています。

 

つまり、あなたがいくら納得のいく文章を書けていたとしても、冒頭の数行を読んで、「この文章、読む価値がないな」と読者に思われてしまえばそこでおしまい。

 

丸1日かけて必死になって書いた記事が、最初の数行だけしか読まれず、他の人の記事に流れてしまうなんて嫌ですよね?

 

 

 

この記事では『読者の目を惹くキャッチコピーにする5つのコツ』をお話しします。

 

この記事を読み、キャッチコピーで読者の心を掴むことができるようになれば、あなたの文章が最後まで読まれる確率はグンと上がります。

 

読者の反応率や商品の成約率を上げることに繋がってくるので、目を惹くキャッチコピーをあなたの文章の中に取り入れてみてください。

 

キャッチコピーのもつ2つの大切な役割

キャッチコピーがもつ役割は2つあります。

  • ターゲットの注意を引く
  • 読み続けたいと思わせる

ターゲットの注意を引くキャッチコピーが書けていないと、読者は、あなたの記事をみつけることすらできません。

 

例えば、カラオケで音痴だと悩んでいる人が「カラオケがうまくなる方法」というキャッチコピーを見て、読みたくなるでしょうか?

 

まず読まれないと思います。

 

でも、「音痴に悩んでいた僕が2週間で音程を合わせられるようになった3つのコツ」だとどうでしょうか?

 

音程が合わせられなくて困っていたら、ちょっと読みたくなってしまうと思います。

 

このように、まずはターゲットに見つけてもらえるような、注意を引くキャッチコピーを考える必要があります。

 

 

ターゲットに見つけてもらえたら、読み続けたいと思わせることも大切です。

 

読者に読み続けたいと思ってもらえなければ、あなたの記事はあっという間に閉じられてしまいます。

 

記事を開いてみたものの、求めている情報が書いてないと思い、すぐにその記事を閉じたこと、あなたも経験ありませんか?

 

そうなってしまったら、あなたが一生懸命書いた文章が水の泡になります。

あなたの記事がスルーされてしまわないように、キャッチコピーを考える時はじっくりと考えてみてください。

 

 

読者の目を惹くキャッチコピーをつくる5つのコツ

キャッチコピーをつくるためのコツは

  • “無料”で読者を惹きつける
  • 新しさをアピール
  • ターゲットを絞り込む
  • ノウハウを伝える
  • 注意、警告で目を惹く

この5つです。

それぞれ詳しくお話していきます。

 

“無料”で読者を惹きつける

人は”無料”という言葉に弱いです。

 

なぜなら、人は「損をしたくない」生き物です。

「お金を払うこと」を「損をする」ことと考えるから人は無料に惹かれます。

 

例えば、SoftBankのスーパーフライデー。

 

Softbankユーザーの方は牛丼1杯”タダ”」

 

吉野家で牛丼1杯無料を行い、お店に人が殺到し、周辺の交通渋滞が問題になりました。

 

このことからも、人が”無料”に惹かれることは明白です。

 

新しさをアピール

新しさに読者は惹かれます。

 

なぜなら、新しいことを知っている、新しいものを持っていることが、他の人より自分が優れていると思えるからです。

※ちなみに「自分のほうが他の人より優れている」と思いたいのは、人間の普遍的欲求なので尚更目を引きます。

関連記事:人間が持つ8つの欲求を刺激して読者の心をグワングワン揺さぶる文章をつくる

 

例えば、集中力が続かなくて悩んでいる人が、新事実!!集中力が続かない原因は○○だった?!」という記事を見つけたら思わず開いてしまうと思います。

 

自分が今まで知らなかったことが書いてありそうで、興味が湧きますね。

 

だから、キャッチコピーに新しさを入れると人の目を引きます。

 

ターゲットを絞り込む

「これは、自分のことだ!」とターゲットに思ってもらうことで、読んでもらいやすくなります。

 

なぜなら、大勢の人に向けて書いた記事では、読者に気づいてもらえません。

 

例えば、あなたが、テレビを買い替えようと考えていて、「賢い家電の選び方」という記事が出てきてもそんなに開こうと思わないですよね?

それは、この記事の中に、テレビの情報が書いてあるかわからないからです。

もしかしたら、冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機の情報しか書いてないかもしれません。

 

では、テレビを買い替えようと思っているあなたに伝えたい、得するテレビの選び方」という記事があったらどうですか?

 

テレビを買い替えようと思っているあなたなら、思わず開いてしまうはずです。

 

このように記事のタイトルでターゲットが絞り込めていれば、その情報を求めいる人の目につきやすくなります。

 

なので、タイトルや冒頭でターゲットを絞り込むことが重要です。

 

ノウハウを伝える

方法やテクニックにも人は惹かれます。

 

なぜなら、人は、どうすれば自分の現状が良くなるのかを知りたがっています。

 

例えば、会社の上司に認めてもらいたくて悩んでいる人であれば、「こいつデキる!あなたが上司に”仕事ができる人”認定してもらえる3つの方法という記事に目が惹かれませんか?

 

方法やテクニックを知ることで、自分の現状が良くなると思えます。

だから、人は”方法”に目が惹かれるのです。

 

注意、警告で目を惹く

注意や警告をすることで目を惹くことができます。

 

なぜなら、人の基本的な欲求として危険なことを避けたいという欲求があります。

 

例えば、日中の眠さに悩んでいる人であれば、危険!!あなたの日中の眠さは○○が原因だった!?」という記事を見かけたら、いち早く見たくなりませんか?

 

自分のこの眠さは危険なことなのか、このまま放置していたらどうなっちゃうんだろうと、心配になってしまいますよね。

 

だから、人は危険や警告をされると読みたくなります。

 

まとめ

今回お話ししてきた、読者の目を惹くキャッチコピーをつくるコツはこの5つです。

  • “無料”で読者を惹きつける
  • 新しさをアピール
  • ターゲットを絞り込む
  • ノウハウを伝える
  • 注意、警告で目を惹く

 

読者に記事を読んでもらうためには、キャッチコピーをしっかりと考えることが一番大切です。

 

今回ご紹介した5つのコツを使って、あなたなりに読者の目を惹くキャッチコピーを考えてみてください。

 

-コピーライティング

執筆者:


  1. […] えることができます。詳しい解説はコチラ↓↓反応率を上げるにはキャッチコピーが大事!読者の目を惹くキャッチコピーにする5つのコツ読者に興味をもってもらえるようにインパク […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コピーライティング3つの壁をブチ破り読者に商品を届ける方法とは

あなたは「ブログで稼ぎたいのに全然読んでもらえねぇぇぇ」「セールスレター読まれてるはずなのにほとんど購入してもらえてないぃぃ」とお悩みではないですか?コピーライティングにはNOT READ (読まない …

コピーライティングには必須!!読者の心をグッとつかむためのリサーチ

  「リサーチって何をすればいいのかよくわからない」   と、お困りではありませんか?       僕は最初、リサーチのことを全然理解せずに記事を書いていたため …

文章力をつけるには”4つのポイント”に気を付けろ!

  もう半年くらいコピーライティングを頑張って勉強しているのに、イマイチ文章が上達している気がしない・・・ もしあなたがこう思っているのなら、コピーライティングのテクニックより、文章の基本か …

【徹底解説!!】バンドワゴン効果の意味とライティングでの活かし方

「商品が全然売れないぃぃぃ」 「いくら文章を書いても収益につながらないよぉぉぉ」 なんて嘆いていませんか?   今回は、あなたも普段の生活の中で一度は影響されたことのある、「周りと同じがいい」という心 …

【徹底すべし!】ブログライティングのコツは“『誰』に『何』を伝えるか”

あなたは、「ライティング初心者が文章を書く時のコツはあるのか」「ブログを書く時のコツはあるのかなぁ」「うまく文章が書けるようになりたいなぁ」と思ってないですか?そんなあなたのために、この記事では、ブロ …

コピーライティング講座

 

コピーライティング講座

プロフィール

 

やすこうちのプロフィール

名前:安河内 哲(やすこうち さとし)

職業:ボディケアセラピスト兼コピーライター

ボディケアセラピストとして働きながら、セールスコピーライターとしても活動中。

コピーライティングを使いこなし、自分の「自由に生きたい!」という夢を叶えるとともに、
自分の関われる範囲の沢山の人達に、求めているものを届けることで喜んでもらい、
みんなの笑顔を少しでも増やすことも目標の1つ 。

趣味は、フットサル・読書・カラオケ

今一番好きな漫画「この音とまれ!」